2014年9月21日 ARASHI BLAST in Hawaii ライブビューイング

9月21日嵐のライブビューイングに行ってきました。
5人ともに挨拶がすごく素敵だったので残しておきます。
自分のためだぜ!ニュアンスなので鵜呑みにしないでね!!

櫻井さん挨拶

雨、あがりましたね。
謝りづらいけど、嵐ですみません(笑)
昨日も話したんですけど、他に言うこともないので同じ話をします。
15年前もリハも昨日も今日も車の中で同じ音楽を聴いていました。
車から見る空はいつものようにきれいな快晴でした。
いったいいつまでこんな青い空を見ていられるんだろうと
そんな不安を抱いていました。15年目の空を見て別に裏切ってないのに
裏切ったような気持ちになっていました。
僕たちは仲がいいと周りから言われたりしますが、あの頃の僕たちは
支えあっていないと寄り添っていないと一人で立てなかったのかもしれません。
嵐という名前は違和感しかなかったですが、
今こうして僕たち5人とスタッフが自信を持ってここに戻ってこられたのは
あなたたちファンのおかげです。ありがとう。
「嵐のファンになってよかったと思ってもらえるようなグループになる」
18歳の自分の言葉を追いかけてきた15年でした。
これからもちょっと生意気な18歳の自分の言葉を追いかけていきます。
これからもよろしくお願いします。

大野さん挨拶

やっぱり10周年、15周年の最後の締めには雨が降るんですね。ビックリしました。(笑)
ホテルにベランダがあって、夜になるとベランダに出てこれまでを振り返って浸っています。
15年前は不安で、気持ちが浮ついていました。
15年たって当時の自分を思い出すとモヤモヤがなくなっていることに気が付きました。
15年たって今があるのは皆さんのおかげです。
意味を作ってくれてありがとう。
16年目も共に人生を生きていけたら嬉しいです。よろしく!!!

相葉さん挨拶

最高に楽しかったです。
少しだけ個人的な話をします。ちょっとだけなんで。
ハワイでデビューして、
2002年か2003年に嵐がハワイでコンサートをする機会があって、
その時、肺が破れてしまって全治1か月、
もちろんハワイに来れるかどうかも分かんなくて、
その一週間後、驚異的な回復で退院して、ハワイに行きました。
全部には参加できなかったんですけど、
その中で4人が嵐の曲を歌って
僕は客席でお客さんと一緒に見てたんですけど、
その時何とも言えない気持ちになって…。
申し訳ない気持ちと、悔しい気持ちで…
(涙をこらえられなくなり後ろを向く)*1
こんな機会ないと思ってたけど、取り返すことが出来て、
みんなのおかげで意味のあるライブになりました。
ありがとうございました。
みんなより1回少ないんですけど、
これからも追いつけるように頑張ります。
これからも(またこみあげてきたものを抑えられず後ろを向いたまま)
一歩一歩進んでいきます。(前を向き直し)ありがとうございました。

二宮さん挨拶

まぁ、素直なんでしょうね。
泣くほど悔しくて。
自分が病気したっていうのもあるんでしょうけども。
素直なんでしょうね。
忘れられないくらいですから。
でも2002年か2003年かは覚えてないんですね。
おれだったらどっちだったか調べるんですけど。
調べて感動的にするんですけど。
素直なんでしょうね。*2うふふ。
私も自分の話をしますが、
子供のころから運動会の前の日にお腹が痛くなる子でした。
発表会の前の日は頭の痛くなる子でした。
そんな子が中学生でジャニーズに入って、
ハワイでコンサートするような立派な青年になるんですね。
それはここにいるみんな、
日本でこの映像を見ているみんな、
おうちで成功を祈っているファンのみんなのおかげです。
僕にとってこれは旅行です。
今回これで僕はすっからかんになっちゃったんで、
また貯まったらみんなで旅行…たまにはいいじゃないですか?
お母さん?ねぇ、お父さん?2人にはゆっくりしてもらって
娘さんと息子さんは僕たちと良い酒飲みましょう。
今夜は良いお酒が飲めそうです。
また一緒に旅行しましょう!

松本さん挨拶

日本から来た方たち。
日本から見ている方たち。
日本で成功を祈っている方たち。
15年のどっかのタイミングで俺たちを見つけて
コイツら面白そうだなって思ってくれて
応援してくれて、つながってくれたおかげで
やってこれた15年でした。
みんなにとってこの15年はどんな15年でしたか?
僕は最高に幸せな15年でした。
この4人でやれて最高に幸せな15年でした。
これからもチーム嵐でやっていくのでよろしくお願いします!

本当にすごく良いコンサートでした。セトリの凡庸さは否めませんでしたが、ヘリコプターからレットカーペットをさっそうと歩いて登場する姿に高揚し、悪天候さえ味方につけて、(雨の中のPARADOXはそれさえ演出のようだった!!)未来への予感を説得力を持ってひしひしと見せつける熱量を持ったコンサートでした。この空間には好転的なものしかなく、幸せしかなく、彼らには物語を予感させる術があるのだと思いました。きっと会場にいた方はそれ以上のものを感じられたのだと思い少し羨ましいです。いやすごく羨ましいです!!いいなー!!うらやま!!!


櫻井さんの若いころの自分を振り返る時間も、大野さんの不安と恐怖が消えた証拠も、松本さんの15年の努力も、二宮さんの底なしの優しさもハワイのあの会場にあった。


そして相葉さんが泣いていました。その姿は見ていてとても切なかったですが二宮さんのいつもの優しい軽口に絆されて救われたし、彼が挨拶の後二宮さんと肩を組んでいる姿がスクリーンに映し出されたとき本当に比喩ではなく映画のワンシーンみたいだと思いました。人の思いが浄化される瞬間を見たと思いました。ハワイリベンジ出来て良かった。相葉さん良かった。心底良かった。




嵐はハワイで生まれ日本で育ち15年たった今ハワイに降り立ちまた空に旅立っていきました。でも私たちはその先を見られる約束を取り付けました。なんだこの無敵感。嵐に幸福を見せつけられる。ずっとこの幸せな敗北感を味わっていたい。嵐愛してる!!!

*1:松本さん:前向け!前向けよ!!と叱咤激励

*2:相葉さん:もういいだろ!