読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の出来事と言えば安定の当落撃沈です。一般頑張ってみようかな…!と思っております。一縷の望みにもほどがあるぜ。あとアルバムも買いました!曲もMVもメイキングも私の中の大島優/子ちゃんが音を上げるほどのヘビロテです。

そんなことはさておき、MOREがまたしてもやってくれました。相葉さんがにのちゃんの心をお見通しなんて知ってるんですこっちは!!!でも相葉さんが直接発言したていで身体に接種されることに意味があるんです!!!
だいたいMOREという媒体に嵐が載るようになってからというものMOREはただのにのあいファンブックです。ファッション誌だなんてそうは問屋が卸しません。とりあえず今からにのあいに興味を持とうとしてる人は嵐が載ってるMORE買っとけば芋づる式ににのあいの沼にはまれると思います。10月28日が発売日とのことですが、残念ながら本州と九州は海という深い深い隔たりがあるので読めるのは今週末になるかと思います。その間は新たなにのあいに思いをはせながら過去のどうかしてるMOREを読み返していたいと思います。ただの思いつきです。

2009年10月号
二宮くんが語る相葉君の10年
「相葉君は、まず背が伸びたね。だってジュニアの頃はオレの方が高かったんだよ。大きくなったね、あの子は(笑)。後最近、『眠い』とか『疲れた』とかをちゃんと言うようになってきた。前はね、我慢して言わずに体調が悪くなったり、高熱を出したりしてたからね。まだ、俺の100分の1くらいの量だけど、わがままを言えるようになったていうのは成長だなって思いますね。」

もう100万回くらい言ってますけど言い足りない。後世に語り継ぐべき二宮さんの母性あふれる迷言。

「一途」第11回
「特に相葉君のことはあらためて考えたことないもん。ジュニアのころから一緒だし、家も近くて家族も知ってるし、今も同じチームで野球やったりしてるから。もう、あの子について考える必要性を感じない(笑)」

「一途」第51回
「仲良い人は多くても、いつか離れた時に、わざわざ会いに行く人は少ないなって思う。でも相葉さんには会いに行くんじゃない?実家の場所も知ってるしね(笑)」

二宮さんの中二病性質を余すところなく毎月お届けしてくださる連載「一途」。相葉さんへの熱い思いはだいたい本編ではなく近況を伝える小さな枠でお届けされます。相葉さんのことは特に考えたことはないけどもし離れてしまっても会いに行くのは相葉さんなんです。二宮君の愛がさらっと重い。第51回で相葉さんへの誕生日のメッセージが熱すぎることをおちょくられても(ありがとうございます!)「まぁ、事実だからね。」とさらっと返す二宮さん男前に重いです。

2012年12月号
「ニノにも気を使わないし、使われない。ニノが何を考えてるのか探ったことすらないと思う(笑)」
中略
「そう。隣にいても探らない(笑)。この間もね、ニノが自分の好きなゲームのソフトを買ってきて、一緒にやってくれって言うから、まぁねぇ…って一応付き合ったけど、明らかにオレは乗ってない。だって、オレは俺が好きなゲームがしたいのに!(笑)。でも、気乗りしてない俺のこともまったく気にせず、ニノはゲームを続けてたよ。」

気ぃ使いの相葉さんが唯一テレビでも二宮さんには汚い言葉のやり取りをするたびに相葉さんは二宮さんにだけ心を開きっぱなしなのかもしれないっていう仮説の裏が取れたインタビューです!!迷宮解明です!!上記の二宮さんの発言にも紐付いて二人の歴史の深さを知ります。二宮さんのゲームの誘い方ウザいです。かわいいです。

2010年6月号
A「(中略)…(と、言いながら目薬を差す)。」
N「あなた、今は取材中だよ!!それに、さっきから違う目薬を何個使ってるの?さしすぎだよっ!!」
A「きついんだよ、きついんだよぉ、花粉症がぁ。」

お母さんか。いつもありがとうか。

2010年6月号
A「オレ、ニノとは休日にあったりするよ。野球やったり。昔は普通にゲーセン行ったりもしたよね。」
N「行ったねぇ。1階から屋上まで制覇したことあるよね。その時、相葉君が腕相撲のゲームを始めたんだけどさ。ゲーム機と相葉君のパワーが互角で、腕を組んだ体制のまままったく動かなかったんだよね。試合が進まないから、オレは「つまんないな」とその場から離れたんだけど、パッと相葉君を見たら…機械ごと動き出しちゃってんの(笑)」
A「あれは笑ったねぇ。」

にのあいゲームセンターは後世に語り継がれる鉄板。頼まなくても当事者のどっちかが話してくれるからこれからも期待。相葉さんはダンスダンスレボリューションがお下手な話も好きなのでそっちもしてね!新たな情報を出してくれてもいいよ!!待ってるよ!!!

2010年10月号

N「まず、相葉君はね…。」
A「な、なに…?」
N「この間、『志村どうぶつ園』を観たら、すごいツッコミやってたの。」
S「どういうこと?」
N「司会者みたいな発言もしてた。」
A「言うなよ〜(照笑)。あの番組では志村さんがいらっしゃるから、僕がぼけるなんて畏れ多くて…。」
M「そのツッコミは正解だった?」
N「それが正解だったの。百点だったから、全然面白くなくて(笑)。」
全員爆笑
N「知らない相葉君を見て、ちょっと恥ずかしくなったよ。」

知らない相葉さんをテレビで見て恥ずかしくなってネタにする二宮さん。真理。この掲載号はその他にも大野さんも時々志村どうぶつ園を見てる件で相葉さんが恥ずかしくなったり、大宮が二人でごはん行ったことない由々しき事態からのどうしても先に相葉さんと銀座に行かないといけない大野さんとそんな二人について行きたい二宮さんのひと悶着の後に「(*‘◇‘)3人なら5人で行こうよ!」「(´・〇・`)うん、5人がいい。」っていう天使が現れるので必読だよ私!!!ってメモに書いてます。

2011年5月号
N「(5人で旅行するならという話で)ここは、さっきから「5人で出かけたい」を連呼している相葉さんに計画してもらいましょうよ。ちなみに、ムエタイを観にタイに行くっていうのはナシで。(相葉君に誘われて断った過去アリ)。」

二宮さんのオレが相葉さんにタイに一緒に行こうって誘われたのは世界の常識だと思って話すところに注釈いれてくれるMOREの絶妙なやさしさが沁みる。

2011年5月号
N「(二宮君がシーツを1シーズンに1回しか洗わないという話から)たぶん、相葉君も僕と同じだと思いますよ。」
A「僕は月1ペースですよ!!」

二宮さんの寝汗は甘く香る森のミストなのでシーツの洗濯は1シーズンに1回でも何の問題もありませんが相葉さんを道連れにしたのはなぜなのか100万回問いたい。

2011年12月号
N「(メンバー同士のプレゼントの話になり)(中略)そういえば、オレも相葉くんには誕生日の時、骨の柄のジャージをもらったよ。あれを選ぶ基準がイマイチわからない(笑)。」
A「ほら、自分ではなかなか買わないかなと思ってさ。でも、ニノ、あれは一度も着てくれてないよね!」
N「えっと…着た方がいいですかね?骨の柄のジャージを?(笑)。」

自分があげた服を着てないことに気付いて不満を述べる相葉さんって世界一かわいい駄々っ子ですね。それにしても骨の柄のジャージいらねぇ。爆笑。でも、プレゼントでいやがらせする人に悪い人はいないっていうし(てきとー)。ただ、この回はにのあいというよりも相葉さんの再入院の時の大野さんのメールがうれしかった話や、ジューンにリボンでひとまとめにぐるぐるにされてる写真などが載っているてんねんちゃんの回だと言えるでしょう。かわいさが余っても憎さなど生れぬ二人です。

2012年6月号
N「相葉さんはねぇ…ベストジーニストを受賞して、世間では”デニムを極めた男”なんていわれているみたいですけど、嵐の中ではまだまだですよ。僕らから見るとオシャレぺーぺーですからね。」
A「みなさんのファッションを参考に勉強させてもらってます!!」

ベストジーニストを獲った相葉さんをいつまでも誇らしく思っていてください!私も思います!

2012年12月号
嵐のおもてなしについて
S「相葉さんは?」
N「この人、意外と、冷蔵庫にあるものでチャチャッと何か作ってくれたりするんですよ。前に遊びにいった時は、しょうが焼きを作ってくれたからね。」
M「やるね〜。」
N「ただ、残念なことに…相葉さんちはテレビが観づらい家なんですよ。間取りの都合で、テレビが違う方向を向いちゃって。ダイニングテーブルに座ると裏側の配線しか見えないの(笑)。」

このお話はMOREに限らず2012年一体いくつの媒体で話され何度発狂したことでしょうか。2年たった今でも秋の夜長に毎日音読しています。

2013年12月号
(今年印象的だったことについて4回目の24時間テレビをあげた相葉さん。)
A「うん。毎回、テーマもやってるチャレンジも違うけど、感動がすごいなって。全員がフルパワーでぶつかっていく、あの武道館の真ん中にいられるのはすごい経験だなってあらためて思った。」
N「相葉君って、急にいいこと言うよね(笑)。でも、同感。」

相葉さんのハッとするような聡い発言に同感する二宮さん。ハッとするたび二宮君のこの言葉を思い出して(笑い)を(泣き)に変えて涙しています。


にのあいだけってわけじゃなくて、マジで嵐のどのコンビどのトリオどのメンバーにもかわいい瞬間が切り取られてますし、あとやっぱ女性誌だけあってお写真がかわいいし。MOREのことはこれからも信じてる。MOREはまじでやりよります。ものぐさのぐずである私にとって嵐のページ以外まったく1ページも用事のない雑誌ではありますが愛してます。