読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

櫻井翔33歳の誕生日に向けて

もう10年くらい前のことになりますが、まだ学生だった頃J/ALの元CAの方の講義を受けたことがあり、その講義中に自分がVIP対応をした芸能人の中にデビュー当時の嵐がいてその時の様子を教えてくださったことがありました。他のメンバーが10代の男の子らしく過ごす中、ただ一人櫻井さんだけが機内に乗り込む際に「今日はよろしくお願いします。」と頭を下げ、降りるときも「ありがとうございました。」と頭を下げて降りて行ったそうです。そのころはまだ嵐が今ほどの人気もなく私も今ほどのヲタクではなかったので周りも私自身も途中までは何とはなしに聞いていましたが、講師の方がそのエピソードに添えて「彼はその時すでに自分がしなければいけないことが分かっていたんでしょうね。」と話を締めくくったとき、室内のトキメキ密度が満タンになったことを強烈に覚えています。*1「たった一度仕事中に会っただけで強烈な好印象持たせた上に、人づてに聞いた話だけで好感度爆上げさせる人間ってすごくないか?」と今でも思い出す度興奮します。

嵐を知っている人が抱く好印象や好感度の根底にあるのはきっと櫻井翔という人物が持つ誰に対しても好意を示す姿勢と人を慮る気持ちだと思います。自分自身が悪意をはらんだような嘲笑にさらされても苦笑いで受け流せる度量の広さを持っているのに、自分ではない誰かに向けられた悪意には「それは違う。」と諭せる強さと正義感だと思います。例え言っても伝わらないかもしれないけれどそれでも懸命に言葉にして何度も何度も伝えようとしてくれる勇気と優しさだと思います。他のメンバーにも言えることだと思うけどさっくんがいなければ今の嵐はなかったと思います。この先もずっと笑いの絶えない人生をお過ごしください!そして願わくばそのほんの片りんでもいいのでその様子を見せてください!メンバーと一緒だったら尚のこと嬉しい!です!33歳のお誕生日おめでとうございます!!!

*1:女子校だった。