読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たちはいつか終わるから 踊る いま

感謝と懺悔と祝福を書きなぐったので、やっと癒えた傷をえぐるようなことが書いてあります。嫌な予感がしたらブラウザ閉じてください。
下記に記載されている件でたくさん悲しんだ方の心を否定する意図はない事をご理解の上お読みいただければ幸いです。



昨日、録画していたsongsをみた。星野/源さんの優しい歌声と物哀しい瞳が好きだからだ。彼のファンの方からすれば分かりきった事なのかも知れないけど幼少期孤独な日々を過ごしたと番組内で語られていた。寂しいエピソードと一緒に語られていたのはマイケルジ/ャクソンの歌声に助けられて生きてきた事だった。楽しい事だけを歌おうと思い作られた歌は自分を救ってくれたマイケルの事を歌った曲だった。番組内で披露されたこの歌を聴いて最初に思い出したのは大野さんの歌声だった。

数ヶ月前センセーショナルな彼に似つかわしくないスキャンダルが彼に似つかわしくない雑誌に掲載された。最初はなんとも思ってなかったのに不明瞭な状況証拠が次々と出てきて不穏な空気が流れた。私はその空気が嫌で笑ってごまかした。身ぐるみ剥がされて吊るし上げられる姿を見たくなくて知らないふりをした。大野さんが本当にクズなら私は血の通っていない鬼だった。こんな狭いコミュニティの中でも一度も「大野さんそんな悪い事してないと思う」ってはっきり言わなかった。会見で謝罪されたのが嫌だったのはそれが理由だったのに。

大野智は何を選び生きてきたのか?」という言葉は大野さんが表紙になった雑誌に特集されていたテーマだ。私は大野さんが選んだものが知りたいと思ってこの雑誌を買ったんだった。なのに私が嵐を選んだ様に大野さんもたくさんのものを選ぶ事を忘れていた。大野さんが選んで描きたいと思って描いた件の絵を久しぶりに観た。素敵だなと思った。可愛くて本物が観たいなと思った。大野さんの描く絵が好きだなと思った。絵以外にも大野さんの好きなところがたくさんあることを改めて思い出した。

ベビーフェイス。笑うと優しそうなところ。口数が少ないところ。早口言葉が苦手な事を結構気にしていそうなところ。何も考えていない様でいつも大切な事を考えている様な佇まい。伸びやかな歌声。感性が光る振付。コンサートソロの演出。Hit the floor。相葉さんの事ずっと相葉ちゃんって呼んでるところ。健康第一だと言ってくれるところ。メンバーの頑張りを見てくれているところ。あんまり無理しないでねと口にしてくれるところ。でも自分もかげできっとすごく頑張っているんだろうと推測出来るところ。ステージに立っているところ。 たった少しの時間でこんなにも言葉にできるくらい好きなところであふれている。

でも大野さんが私が好きだと思ったすべてを手放してしまっても絶対それは悪じゃない。これから先何を選んで生きてもそれは悪じゃない。こっちだって勝手にやってるからファンを一番大切にしなきゃいけないなんて呪いの様な言葉に縛られないでほしい。大野さんがその時一番大切にしたいものを選んでほしい。それはあんまりだと思ったら最初はブーブー言うかもしれないけどそれでも間違いなんかじゃないよって言ってあげたい。
いつかこの楽しい時間が終わってしまっても私をいつも救ってくれた声を忘れない。いつもどんな時もあなたの役に立たないけど応援してるよ。だから今はその伸びやかな声を聴かせてほしい。その美しい声に誘われる様に太陽が顔を出し晴れ渡る空を一緒に見上げたい。
お誕生日おめでとう。